>
納棺の儀(湯灌・美装)

 

納棺の儀(湯灌・美装)

 

御納棺の前に、大切な方を失った家族が集い、愛情の念を込めて故人のお体を清め、最後の身支度を整えてさしあげます。
故人への思いやりと慈悲の心をもって、しめやかに執り行われます。

 

納棺の儀式とは

湯灌の儀式には、赤ちゃんが生まれた時 産湯につかるように、新たに未来で生まれ変わって欲しいという願いが込められています。また、亡くなられた方が来世に導かれるために現世の汚れを洗い清めるという意味があります。
また、今ではほとんどの方が病院で亡くなられるため、アルコールで清拭(せいしき)されますが、病院で何日もお風呂に入れなかったまま送り出されるのはとても心残りだと思われます。弊社では、心残りのない安らかな旅立ちを真心込めてお手伝いさせて頂いております。

 

納棺の儀(湯灌・美装)